N邸 現場監理5

3~4人家族の想定になれば
60坪前後の土地の広さなら
2階建が前提になる。

コストを考えれば
1階と2階の面積を同じにした
直方体にするのが合理的だといえる。

N邸はそんな直方体が基本形になっている。
しかし出来上がって全面道路を歩いてみると
この住宅にそんなカタチの印象はないだろう。

片流れの平屋とパーゴラが連動して
玄関前の小さなアーケードを形作っているからだ。
ヒューマンなスケールの平屋観が
この住宅の特徴だ。

多様なデザインが並ぶ
新興住宅街の通りの中で
尖がらずに静かに語る建物を創っている。

梅雨が明けたら
外装の仕上げ作業も始まる。

現場監理10