月別アーカイブ: 2015年3月

工事請負契約

請負契約

昨夜、工事金額の合意を得ることができた。
約二週間後には契約・着工となる。

設計契約をしたのが2013年8月。
ここまで1年8ヶ月近くかかったことになる。
完成引き渡しは10月頃になるだろうから
2年を越えることになる。

改めて思う。
ペースは人それぞれだ。

施主にとっては初めての道。
当然設計者がリードしていく訳だが
早すぎず遅すぎず、その按配を推し量りながら
伴走者として傍らを走る。
そんなイメージだ。

何を作るか。
どう作るか。
考えるべきことは多岐にわたる。

さあ、いよいよ着工だ。

模型写真

民家計画プロジェクト~ときわ台の平屋

2月の中旬から工事が始まっていた
民家計画プロジェクトで「ときわ台の平屋(仮)」が着々と進んでいる。

解体と言っても密接に仕上げにかかわってくるので
手作業で慎重になる。
時間をかけながらも、その間に施主とは
間仕切りが及ぼす空間の広がり方の微妙な違いについて
合板で閉じたり開いたりしながら、調整・変更を検討。

ときわ台6

設計者に必ず正解がある訳ではないから
現場での数時間は、それぞれの時期に話し合うべき課題を問題提起し
いっしょになって考えていく。
特にリノベーションはそんなコミュニケーションが大事だ。

ときわ台4

ときわ台5

庭の梅の木が咲き始めた。
今年は雑然とした現場に埋没しているが
来年の春は、新しくなった開口部に綺麗に切りとられて
リビングダイニングで腰をかける施主を楽しませてくれることだろう。