和泉屋勘兵衛 建築デザイン室
メニュー

Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

遠方に住む子どもたちが、ひとり暮らしのお母さんのために建てた家である。お母さんの居室を中心とした日常動線が1階で簡潔にまとめられていることは、基 本条件である。活動的なお母さんの交友の場として、また出張や息子たち家族の帰省の拠点として機能するよう、集いの場をデザインした。アプローチの演出、 そして内に開いた南面庭風景を、ダイナミックに集いの場となるL.D.K.仏間に取り込もうとした。その際、近隣の目線と太陽光をコントロールするために 配した塀が、この建物の印象を決定づけている。1階中心の計画であることから、平屋イメージのフォルムを目指した。それはまた、長く空地であった敷地で あったことから近隣への圧迫感の軽減といった配慮でもある。

9cmの厚みの水袋をベタ基礎スラブ上に敷きつめ、深夜電力により30度前後の低温に温め床暖房するアクアレイヤー・ヒーティングシステム(株式会社イゼナ)を採用している。この輻射暖房によりシーズン中底冷えすることは無い。旧宅より居住空間は大きくなっており、広いエリアをカバーする、肌当たりのよい 空調システムの選択を心がけた。

敷地は、四方、家が建て込んだ住宅街の中にあり、厳しい目線をコントロールする必要があった。コンクリート塀と杉板塀を配置したが、とりわけコンクリート塀は重要な位置にあり、有機的な空気を得るため、もくだしの杉板型枠を使用し板目をコンクリートの仕上がりに写し込んだ。

所在地
兵庫県川西市
家族構成
大人一人
法規
都市計画区域内
市街化区域 第一種低層住居専用地域
建ぺい率  50%
容積率   80%
構造・工法
主体構造  木造在来工法
構造材  集成材
基礎   ベタ基礎
規模
地上2階
敷地面積 211.08㎡ 63.85坪
床面積  1階 79.49㎡
     2階 32.29㎡
延床面積(法規上)111.78㎡ 33.81坪
主な仕上
外壁 ベルアートSi リシン吹付(エスケー化研)
内壁 珪藻土塗 珪藻土クロス貼 天井 クロス貼
床 ラスティックパイン(熱処理唐松 池上産業)
屋根 ガルバリウムがラー鋼板 瓦棒葺
施工
株式会社マサキ工務店
竣工
2006年12月