和泉屋勘兵衛 建築デザイン室
メニュー

プロセスを大事にする

「設計事務所に頼んだら、住みにくい家になるのでは?」「希望をあまり聞いてもらえないのでは?」といったイメージありませんか。確かに作品性を重んじ、そういったアプローチをしてきた事務所がないとは言えません。

和泉屋勘兵衛建築デザイン室にとっても、完成した建物は大事な“作品”として捉えています。しかし、こと住宅においては特に、住まい手が満足しているという評価が大前提にないと、作品として成立しません。ですから私たちは、クライアント(施主)が納得できるところまで、ご要望に耳を傾け、粘り強く計画を進めていきます。クライアントの、それぞれの進む速さにテンポを合わせながら。
私たちは、デザイナーであると同時に、家づくりの一歩を踏み出したあなたのための伴走者だとも言えます。

設計者とクライアント。生活感も価値観も違ったもの同士が共同作業を始める訳ですから、はじめは手さぐり状態です。ヒアリングでご要望を話されている時、私たちが「うん、うん、なるほど!」なんて言ったりしていても、頭の中では全然違うイメージを描いていることだってあります。いざ、希望を伝えようとすると、案外漠然としていて混沌としてしまったり、ご夫婦の間で描いているものが違うことが判ったりということもあります。
私たちは、お聞きしたご要望を、できるだけ具体的な図面やパース、模型にして、繰り返し提示しながら進めていきます。また、答えはひとつではありませんから、結論を急ぎません。

とは言え人とひと。時に、聞き入れ整理するという姿勢が、私たちも崩れそうになることも。しかし、そんないろんなドラマを経て、少しずつお互いの様々な情報が整理されて、図面に集約されていくように思います。このプロセスが、とても大事なのです。
もちろん、建築家として、作品性を向上させるためのアイデアを盛り込むことにも、精一杯の力を注いでいきます。


愛猫トラーの住み心地についても真剣に考える